米SXSWedu 2022に代表藤原が登壇します

 

3月11日から開催される世界最大級のクリエイティブ・カンファレンスイベント SXSW2022(サウスバイサウスウエスト2022)に先駆けて、「教育」というテーマにフォーカスしたSXSW EDU2022が3月7日から10日にかけて開催されます。
その中のCan STEAM Online Education Enhance Competency? という演題で代表の藤原が登壇いたします。

(さらに…)

「すべての子どもが 子どもたちの中で育つ世界を」特別支援「Fox Project」ホームページを公開しました

 

 

わたしたちは、2021年夏に「すべての子どもが 子どもたちの中で育つ世界を」をミッションに、世の中では「障がい」を持つと言われている子どもたちが、一生を通じてその関係性を育んでいくことのできるような「ともだち」をつくれないかと考え、Fox Projectを立ち上げました。

 

今のインクルーシブの世界は、大人たちが勝手に作り上げた「ものさし」を基準に「障がいのある人」と「障がいのない人」を切り分け、「障がいのない人」が障がい者を助ける、という構造になっています。

 

しかし、全ての人は「得意なこと」「不得意なこと」を持ち、「不得意なこと」が「得意なこと」を育てています。だとしたら、誰しも同じ人間として、お互いの弱さや力強さを分かち合いながら「ともだち」にはなれないでしょうか。

 

そんな「ともだち」の世界をつくるために、まずは教育・医療・行政、保護者・クラスメイトなど、さまざまな立場の人たちにお話を伺い、繋がっていくことが大事だと感じており、公開インタビューを通して、学び合いたいと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.foxpj.org/

 

*********

 

<私たちについて>

こたえのない学校HP https://kotaenonai.org/

こたえのない学校ブログ https://kotaenonai.org/blog/

Learning Creators Lab

こたえのない学校の主催する教育者向け年間プログラムです。

Facebook ページ https://www.facebook.com/kotaenonai.org

 

カリキュラムデザインを探究する6ヶ月の講座「カリキュラム工作室」をスタートしました

カリキュラム・マネジメントと聞くと、それだけで「やらなければならないことだらけ」「負担が増える」というイメージはないでしょうか? 今、世界的に教師が努力すればするほど学習内容が増えてしまうという問題が起きており、カリキュラムオーバーロードと言われています。さまざまなコンピテンシーを身につけさせてあげたいと思うがあまり、逆に「詰めこみ」になってしまうのです。しかし、こうした負荷の大きいカリキュラムは教師にとって負担なばかりではなく、生徒にとっても学びが薄く、効果の低いものになってしまう可能性があります。

 

「カリキュラム工作室」(オンライン講座)では、概念や学習材に基づく探究とカリキュラム研究の基礎的・応用的な仕組みを学び、学習内容を構造化するスキルを身につけます。そして「学び」の意味を問い続けることで、児童・生徒・教員の負担を減らしながらも真に意味のある探究カリキュラムを作っていきます。

 

詳細はこちらからどうぞ

https://kotaenonai.org/news/event/9234/

 

*********

 

<私たちについて>

こたえのない学校HP https://kotaenonai.org/

こたえのない学校ブログ https://kotaenonai.org/blog/

Learning Creators Lab

こたえのない学校の主催する教育者向け年間プログラムです。

Facebook ページ https://www.facebook.com/kotaenonai.org

 

3/28「探究する学びと日本の 教育の旅ー信州教育」の動画を一般公開しました!

 

3月28日に開催いたしました「探究する学びと日本の 教育の旅ー信州教育」について終了後に多くのご要望をいただき、この度、動画を一般公開させていただく運びとなりました。
https://youtu.be/KZZlx_Oz_ck

HTH

また、これまでの対談イベントなどで動画が一般公開されているものについても「ライブラリ」の中に「ビデオライブラリ」を追加し、まとめさせていただきました。

多くの教育に関わる皆様にとって、少しでもお役に立てれば幸甚です。

(さらに…)

「『情報を読む力』はなぜ必要か 学校や家庭でできる学びのヒント」でお話しさせていただきます。

新学習指導要領で「情報活用能力」が学習の基盤とされています。

このたび、信頼性の高い情報に接し活用する技術について、GLOBE+編集長の堀内隆さん、朝日新聞で論説委員、アメリカ総局長などを経てスマートニュースで研究主幹されている山脇岳志さんと代表の藤原が鼎談することとなりました。

ご興味がございましたら、ぜひご参加ください。

(さらに…)

「探究する学びと日本の教育の旅ー信州教育」で信濃教育会武田育夫会長と対談します

 

3月28日に信濃教育会武田育夫会長をゲストにお迎えし、「信州教育」についてのお話をお伺い ながら、海外事例との共通点や相違点、日本だからこそできることについて新しい発見をしていく対談「探究する学びと日本の 教育の旅ー信州教育」を開催いたします。

(さらに…)