学校・企業等向けプログラム

「こたえのない学校」では「探究」をテーマに活動しています。「探究」は子どもだけがすればよいのではありません。「社会」や「学校」や「組織」が探究することでこそ、その組織に属する人たちが探究し、変容し始めます。企業・公共団体・学校を含めた教育団体様向けに「探究する学校」「探究する組織」に向けての支援を行なっております。

・ 探究学習プログラムの開発・企画・実施
・ 探究学習フレームワークを軸とした各種研修 
・ 探究型学習に関連する各種調査研究
・ 各種講演・執筆

 

~オーダーから実施までのプロセスについて~

・ まずお問い合わせをいただいたうえで、ご要望についてオンラインや対面でヒアリングをさせていただきます。その内容に応じて、各種条件について合意させていただき、その後の実施を行います。

 

実績(一部)

【プログラム開発・実施】
・ 目黒区教育委員会
「こども教室事業」における区立小学校における探究授業の実施

・軽井沢風越学園設立準備財団
カリキュラムディベロップメントパートナー

・T-KIDS 柏の葉 (蔦屋書店を核とした商業施設「柏の葉 T-SITE」内)
作家の時間(ライティングワークショップ)の開発・実施

 

【研修】
・ 経産省「未来の教室」
「国内の教育実践の環境に合わせ最適化された STEAM (Science, Technology, Engineering, Arts, and Math)に重点を置いたプロジェクト型学習(以下 PBL) の開発・実証と米国High Tech HighによるPBL研修の国内実施」

・福岡県教育センター キャリアアップ講座
「子供の学びを「探究」的に変える!〜これから求められる学びの在り方について考える〜」

・ 戸田教育委員会(戸田市立教育センター研究員発表会)
「これからの時代に求められる人材の育成のために」ほか

・博報堂教育財団
新入奨学生対象/オンラインワークショップ・チームビルディング
「なりたい教師のありかたとは?ーチームを作ろう!」

・ 日本弁理士会関東支部研修会
「探究授業の進め方」

・リクルートマネジメントソリューションズ
「これからの時代に求められる探究学習を考える」ほか

・ キャリアリンク株式会社
「探究型プログラム作成の基礎」

 

【学校における研修・授業講評】
横浜国立大学付属教育学部付属横浜小学校、戸田市戸田第二小学校、同志社中学校、神奈川県立舞岡高校、ドルトン東京学園、相模女子大学小学部、長野県軽井沢西部小学校、山口県徳山工業高等専門学校、千葉県松戸中学校 ほか

 

【アドバイザリー・委員】
・三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
「地域・社会と協働した「知財創造教育」に資する学習支援体制の調査
(会合メンバー)

・KDDI総合研究所
「民間教育における非認知能力の育成に関するヒアリング」

 

【講演】
・「学校教育の現状とこれからの教育」
公益社団法人信濃教育会常任委員会

・「探究学習で育む子どもの主体的な学び シンポジウム」
主催:宮崎大学探究学習シンポジウム企画委員会

・「「まなびの潮目」が生まれた今、ここでしか聞けない、これからの日本の教育を削り出す90分」
主催:やまぐち総合教育支援センター

・米国SXSW EDU
EdTech Japan to the World

・日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2017 「変わる社会 変わる教育」
主催:日本財団

・「『ティール組織』探求シリーズ【全体性】(ホールネス):「ティールな学校」から考えるこれからの「子どもと大人の学び」
主催:英治出版
協賛:株式会社ガイアックス

・ 「アメリカとフィンランドに学ぶ教育の未来」
主催:Social Design Laboratory
協力:内田洋行

・ 「2020年教育大改革のモヤモヤをすっきり!教育を語ろう!」
主催:世田谷キッズカフェ
共催:IID 世田谷ものづくり学校
後援:世田谷区教育委員会

 

【学会】
・UD体育学習会「体育授業のユニバーサルデザインと探究」
日本授業UD学会体育支部

・ 「高齢者救急についての市民啓蒙の試み~探究型学習フレームワークの活用」
第20回日本臨床救急医学会総会・学術総会 地域救急医療体制

 

【執筆】
・ 公益財団法人国際文化フォーラム年間誌「CoReCa」
特集「多様な学びのカタチ」:「大人が学び手となって探究する」

・ 日本弁理士会「パテント」
「知財×探究」キャリア教育における知財 一般社団法人「こたえのない学校」 におけるワークショップの報告

・学事出版「授業づくりネットワークNo.38」
「探究する教師を育成するラボ教育」

・公益社団法人信濃教育会月刊誌「信濃教育」
「探究する学びと資質・能力の関係〜這い回る経験主義に陥らないために」