home > NEWS > プレスリリース・ニュース > Mistoetoe株式会社、Future Edu Tokyoと共にSOLLA結成 経産省「未来の教室」実証事業に採択

 

一般社団法人こたえのない学校は、このたびMistletoe株式会社※(ファウンダー:孫 泰蔵)、FutureEdu Tokyo(代表: 竹村 詠美)とコンソーシアム(SOLLA⦅Self-organized Lifelong Learning Alliance⦆)を結成し、その一員として経済産業省『「未来の教室」実証事業(平成29年度補正学びと社会の連携促進事業(「未来の教室」学びの場創出事業))』の事業者に採択されました。

コンソーシアムの第一弾プロジェクトとして、国内の教育実践の環境に合わせ最適化された STEAM (Science, Technology, Engineering, Arts, and Math)に重点を置いたプロジェクト型学習(以下 PBL) の開発・実証を進めます。

具体的にはカリフォルニア州・サンディエゴ「HTH教育大学院(High Tech High Graduate School of Education)※※」による国内でのPBLの研修(2019年1月)および、全国の教育委員会や学校の代表15名を対象とした現地視察を12月上旬に実施します。

日本国内におけるPBL研修は、今後PBLを実践されたい教員40名を対象とし2019年1月4日から6日までの3日間、東京にて開催します。参加者の募集は、11月23日(金)午後5時まで以下のWEBサイトにて行っております。

http://SollAlliance.wix.com/pbltraining

ぜひ内容をご確認の上、ご参加ご検討ください。

 

Mistletoe 株式会社によるプレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000037658.html

 

※Mistletoe株式会社が、経済産業省『「未来の教室」実証事業の幹事事業者となります。

※HTH教育大学院は、国際的にもトップレベルのSTEAM/PBLに基づく教育を実施している公設民営校(チャータースクール)で、教員育成のための教育大学院も併設しております。また世界35カ国で7,000回以上の上映会が実施され、教育改革の引き金となっている教育ドキュメンタリー映画“Most Likely to Succeed”の舞台にもなりました。

 

<法人概要>

◆商 号

一般社団法人 こたえのない学校

代表理事 藤原 さと

◆設立

2014年1月

◆所在地

東京都世田谷区 (住所は非公開とさせていただいております)

◆事業概要

(1)子ども向け教育関連プログラムの開発・実施
(2)大人向け(親・教員・教育者)向け各種講演やプログラム開発・実施
(3)各種法人・地方自治体・教育委員会・私立公立学校に対する、プログラム開発・実施
(4)その他教育プログラム開発・調査・コンサルテーション

◆URL

kotaenonai.org

 

◆連絡先

マスコミ関係・取材のお問い合わせは、下記にお願いいたします。

こたえのない学校 事務局

お問い合わせフォームはこちらから

 

プレスリリース・ニュース