横溝 一樹

横溝 一樹
(YOKOMIZO Kazuki)
静岡市小学校
教員

●LCLはあなたにとってどんな場ですか?
自分を知り、自分らしく探究ができる場所。「探究」という共通言語で、素敵な仲間に出会うことができます。探究を通して、今まで全く気づかなかった視点で世界を見ることができます

●LCLによって変わったと思いますか?変わったとしたら、どのように変わりましたか?
変わりました。探究は自由でいいんだと気付きました。「〇〇せねばならない」「必ず成果を発表する」というものはなく、ただ緩やかに、しかしぐちゃぐちゃと言葉を交わした先に、スタートした地点とは違う景色が見えるようになると思います。

●LCLのおすすめのところ
「探究は魅力的だが、苦しい」と思っている人におすすめしたいですね。苦しさ=ネガティブなものではなく、仲間と対話を重ねると、苦しさも楽しさに変わっていく感覚がありました。こたえのない問いへの構え方や向かい方が変わると思います。

●探究ということについて深まりましたか?仕事の仕方は変わりましたか?
「〇〇せねばならない」、「必ず成果を出さなければいけない」という考え方を、自分自身にも、子どもたちにも課していたように思いますが、探究を真に深めるには、もっと自由に探究できれば良いと考えるようになりました。