末本 圭子

末本 圭子
(SUEMOTO Keiko)
マザーテラスジャパン
共同代表

●LCLはあなたにとってどんな場ですか?
自分のもやもやとした問いが言語化でき、LCLのプログラムの中で揺さぶられ、新たな気づきに出会わせられる場でした。 チームの協働作業は、ワクワクと行き詰まり、迷走と達成感を味わえる場でもありました。

●LCLによって変わったと思いますか?変わったとしたら、どのように変わりましたか?
考えすぎて立ちすくんでしまうよりも、「とりあえず、やってみないとわからないからやろう」と、いい意味で開き直ることができました。わからないことを楽しんで問い続ける先輩や仲間に出会えて、日常の中にある探究のタネに気づくようになった気がします。

●LCLのおすすめのところ
多様な分野の実践者であるアドバイザーたちが魅力的で大いに触発されました。講座終了後も、アルムナイとしてつながっていることで、オンラインのイベントに参加したり、それぞれのメンバーの活動の様子を知ることができたりして、探究のモチベーションが継続できます。

●探究ということについて深まりましたか?仕事の仕方は変わりましたか?(任意回答)
フリースクールで中学生のプロジェクト学習の支援をしていますが、先回りせずに待つことを心がけています。子どもが自分で気づいたり、たどり着いたりする探究の喜びを奪わないように。