リライズ・ニュースマガジン“美しい時代を創る人達”にインタビューが掲載されました


最近のこたえのない学校やとりくみについてお話ししました。

****
今、探究の方向性ということに興味を持っています。法人を立ち上げた当初は「探究」という概念そのものに夢中になりましたが、数年前からふと疑問に思うようになりました。つまり、「探究」というのは原子力爆弾の開発にも使えるし、クローンベビーを産み出すことにもツールとしては使えてしまう。単なる自己利益の追求にも使えてしまう。しかももともと人間の思考に沿ったものなので、パワフルなだけに良くない方向性にいくと、逆向きに走ってしまう。それではまずいのではないかと考えはじめました。

https://note.com/megutakahashi/n/n9ba6e77c7f98

ぜひご覧になってください。
(さらに…)

朝日新聞GLOBE +様に掲載されました。「High Tech Highによる国内でのPBLの研修」

一般社団法人こたえのない学校は、Mistletoe株式会社(ファウンダー:孫 泰蔵)、FutureEdu Tokyo(代表: 竹村 詠美)とコンソーシアムSOLLAを結成し、経済産業省「未来の教室」実証事業として、カリフォルニア州・サンディエゴHigh Tech High教育大学院による国内でのPBLの研修(2019年1月)および、全国の教育委員会や学校の代表15名を対象とした現地視察を12月上旬に実施しました。

日本国内におけるPBL研修の様子を朝日新聞GLOBE +様に取材頂き、記事になりましたので是非ご覧になってください。

https://globe.asahi.com/article/12076800

(さらに…)

「CoReCa」掲載されました。「大人が学び手となって探究する-Learning Creator’s Lab」

公益財団法人国際文化フォーラム様の年間誌「CoReCa」に寄稿させていただきました。今年の特集は「多様な学びのカタチ」とのことで、当法人からはLearning Creator’s Labについて「大人が学び手となって探究する」という題名で書かせていただきました。

本特集では、軽井沢風越学園岩瀬直樹先生、Curio Schoolの西山恵太さんも寄稿されております。下記より是非ご確認ください。

http://www.tjf.or.jp/jp/information/2018/12/p1-12_tokushu.pdf

(さらに…)

ETIC DRIVE 寄稿しました「教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム」

 

ETIC ウエブマガジンDRIVEに寄稿いたしました。

日本の公教育において、最先端の取り組みを第一線で実践する教育長、校長、大学研究者の先生方が発起人・アドバイザーとして集結する、「教育・学びの未来を創造する教育長・校長プラットフォーム」。第一回総会の様子をETIC DRIVEより寄稿させていただきました。

(さらに…)