home > Blog > 藤原 さと > こどもの言語能力を高めるのにおすすめな本

さとです。 本日は、私が娘が0歳から4歳までの間に使っていた本をご紹介します。

「0~4歳」わが子の発達にあわせた「語りかけ」育児

育児本はタケノコのように出ては消える世界ですが、これは複数年にわたって何度も何度も読み返した数少ない本の一つです。同書はイギリスの言語治療士であるサリーウオードさんの「Baby Talk」という本の翻訳で、0歳から3ヶ月刻みで非常に具体的にどのような環境でどのようなコミュニケーションを子供ととるのかを指南してくれます。

彼女は言語聴覚士として、言葉を発することができない問題のある子どもなどを見てきましたが、その臨床経験から、1日30分、子供と向き合ってことばで向き合うことでことばはもちろん、知能や情動、社会性などの面でもうんと良くなるということを、論理的に説明しています。

アドバイスとして「部屋を静かにしておくこと」「子供がまだ赤ちゃんの時は短いセンテンスで話しかけること」「子供を試すような質問はしないこと」など子供が「話す」ことに関して自己肯定感を育む内容のものが沢山掲載されています。また対象時期のこどもの発達具合や適切なあそびかた、おすすめの絵本まで丁寧に書かれていて、初めての育児で何もわからなかった私にとってはまさにバイブルでした。

一日30分という時間を子どもと向き合うためだけに使うというのは、働いている人やお兄ちゃんおねえちゃんのいるバタバタ家庭では難しいことかもしれません。私も毎日30分は取れていなかったと思います。でも、10分でも20分でもバカ正直に子どもに語りかけを続けました。

この本のせいかどうかわかりませんが、6歳になったばかりの娘はテレビは基本的に見ていないにもかかわらず、保育園の先生やあちらこちらから「語彙力が多い」と褒められることが多く、非常に長い大人向けくらいのボリュームの本も充分に理解し楽しむようになりました。

特に生まれたばかりで、右も左もわからない新米パパ・ママにおすすめの本です。ぜひ読んでみてください。

さと

藤原 さと