home >  チームメンバー

プログラムオーガナイザー・代表理事

FUJIWARA Sato

藤原photo

日本政策金融公庫にて中小企業・新規事業融資に従事後、米国留学中に国際労働機関(ILO)のマイクロファイナンス部門で少額融資のスキームを調査。帰国後、ソニー(株)本社経営企画管理・戦略部門で、海外企業とのビジネスアライアンスに携わる。長女出産後ヘルスケアビジネスコンサルタントとしてミャンマーで女性のがん死因トップである乳がんの検診事業立ち上げ等を行う。2012年度都内区立保育園父母会長。2014年に「こたえのない学校」を設立。現在米国で子育て中。日本とアメリカを往復している。
慶應義塾大学法学部政治学科卒 
米国コーネル大学大学院公共政策学修士(M.P.A.)

>ご挨拶

ファシリテーター・プログラムデザイン担当

KEY Yusaku

喜井悠策

教育学や政治学を中心に社会科学を広く学ぶ。2009年から1年間ドイツに留学。哲学・教育などを学ぶ。大学卒業後、適応指導教室で不登校児童・生徒を指導。同時に、0歳児から90歳代までと幅広い年代に対して、ワールドカフェやOSTなど対話の場・学びの場を多数主催し、ファシリテーターを務める。2013年からは大田区の有志で団体をつくり、地域に向けた教育学講座も実施。さらに、大田区と連携した貧困家庭向け学習支援事業にも運営スタッフとして携わっている。
東京学芸大学教育学部卒業。

ファシリテーター

OKUMURA Takashi

奥村天志

オランダの教育について広く学び、なかでもイエナプラン教育に大きな関心を寄せる。教育関係を中心にフリーランサーとして幅広く活躍中。現在では塾講師やNPO教室の運営をする一方で、子どもの教育イベントファシリテーターや小中学校のICT教育支援としても仕事をする。また都内を中心にイエナプラン教育の自主学習会の運営をしながら日本の教育を少しずつよくしていくための草の根運動を展開している。教育に入る前は指揮者としての活動をしており、音楽教育にも情熱を注いでいる。
日本大学文理学部ドイツ文学科卒業。聖徳大学児童学部児童学科単位取得、ユトレヒト大学サマースクール参加ほか。

ファシリテーター・ドキュメンテーション担当

FUKUDA Michiko

福田倫子

学生時代は国内外の保育・授業実践について学び、哲学的理論に基づく事例研究を行う。同時に、塾講師・家庭教師・都立小学校のスクールボランティア、私立幼稚園の非常勤スタッフとしての活動のなかで、コーチングの手法なども取り入れながら、子どもたちの力を生かす場について探究。保育士資格を取得しベビー&キッズシッターに従事した後、現在は、親子向けプログラムの企画・運営および小・中・高校生の学習支援・地域コミュニティ作りなどに関わる。
東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学。

リサーチフェロー・ファシリテーター

KIRITA Keisuke

桐田啓介

「実践とは何か」を哲学的に探究し、日本発の哲学理論である構造構成学を用いた理論を構築。その一方で、演劇・映画・絵画・ダンスなど芸術表現の分野を広く学び、大学院進学を契機に、図画工作専科教員の実践知、図画工作の造形的な遊びで発揮される創造性についてフィールドワークを実施。都内ベンチャーにてリサーチャー、アドバイザーとして参画しながら、創造性と探究に関する理論研究と学童・学習塾でのスタッフ経験をベースに、哲学対話や造形的な遊びのワークショップを実施する「よはく」を主催している。
上智大学大学院総合人間科学研究科教育学専攻博士後期課程満期退学。元日本学術振興会特別研究員。

マーケティング・マネジメントフェロー

KAWABATA Motoi

川端元雄

ゼロイチ事業企画・現状打破に特化したフリーランサーとして、 人・組織・社会の革新に火をつけ、「試合の流れを変えるシゴト」(ゲ-ム・チェンジ)に取り組む。
同志社大学在学中、社会学を専攻する傍ら、国際協力NGOの事務局運営に参画。 大学卒業後は、カナダでの社会起業家武者修行を皮切りに、矢崎総業株式会社での法人営業、全寮制学校海陽学園でのキャリア教育、学校法人河合塾でのドルトン教育を活用した新規事業開発に従事しつつ、リーダーシップ育成に取り組む米国NPOの日本事業を推進。特にNPO・社会企業の事業開発・企画、チームビルディングが専門。
フィリップ・コトラー 著「グッドワークス!」共同翻訳。ゲームチェンジャー・スクール 共同運営。