home > 2018年10月

 

一般社団法人こたえのない学校は、このたびMistletoe株式会社※(ファウンダー:孫 泰蔵)、FutureEdu Tokyo(代表: 竹村 詠美)とコンソーシアム(SOLLA⦅Self-organized Lifelong Learning Alliance⦆)を結成し、その一員として経済産業省『「未来の教室」実証事業(平成29年度補正学びと社会の連携促進事業(「未来の教室」学びの場創出事業))』の事業者に採択されました。

コンソーシアムの第一弾プロジェクトとして、国内の教育実践の環境に合わせ最適化された STEAM (Science, Technology, Engineering, Arts, and Math)に重点を置いたプロジェクト型学習(以下 PBL) の開発・実証を進めます。

具体的にはカリフォルニア州・サンディエゴ「HTH教育大学院(High Tech High Graduate School of Education)※※」による国内でのPBLの研修(2019年1月)および、全国の教育委員会や学校の代表15名を対象とした現地視察を12月上旬に実施します。

日本国内におけるPBL研修は、今後PBLを実践されたい教員40名を対象とし2019年1月4日から6日までの3日間、東京にて開催します。参加者の募集は、11月23日(金)午後5時まで以下のWEBサイトにて行っております。

http://SollAlliance.wix.com/pbltraining

ぜひ内容をご確認の上、ご参加ご検討ください。

 

Mistletoe 株式会社によるプレスリリース

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000037658.html

 

※Mistletoe株式会社が、経済産業省『「未来の教室」実証事業の幹事事業者となります。

※HTH教育大学院は、国際的にもトップレベルのSTEAM/PBLに基づく教育を実施している公設民営校(チャータースクール)で、教員育成のための教育大学院も併設しております。また世界35カ国で7,000回以上の上映会が実施され、教育改革の引き金となっている教育ドキュメンタリー映画“Most Likely to Succeed”の舞台にもなりました。

 

<法人概要>

◆商 号

一般社団法人 こたえのない学校

代表理事 藤原 さと

◆設立

2014年1月

◆所在地

東京都世田谷区 (住所は非公開とさせていただいております)

◆事業概要

(1)子ども向け教育関連プログラムの開発・実施
(2)大人向け(親・教員・教育者)向け各種講演やプログラム開発・実施
(3)各種法人・地方自治体・教育委員会・私立公立学校に対する、プログラム開発・実施
(4)その他教育プログラム開発・調査・コンサルテーション

◆URL

kotaenonai.org

 

◆連絡先

マスコミ関係・取材のお問い合わせは、下記にお願いいたします。

こたえのない学校 事務局

お問い合わせフォームはこちらから

 

プレスリリース・ニュース

 

今年秋、ポラリスこどもキャリアスクール8期「発明と特許申請に挑戦する3か月!ーまだ存在しない「はじめて」を創り出そう!」のナビゲーターとなっていただく、播磨里江子先生にインタビューしました。

「発明」は発明家のアイディアだけで、世の中に広まってみんなの役に立つようなものにはなりません。そこには、縁の下の力持ちのようにして、発明のアイディアを具体なものにして、特許という形でその権利を保護する「弁理士」というお仕事があります。今回弁理士の播磨さんに「発明」「特許」のお仕事、そしてその面白さについて聞きました。

(さらに…)

スタッフブログ

 

藤原さとです。

こたえのない学校では、小学生向けのプログラムのほかに教育者向けにLearning Creator’s Lab(LCL)というものを運営していまして、公立・私立の小中高の先生たちや、教育事業経営者、大手民間教育事業に携わる民間教育者、人材開発に関わる一般企業勤務の企業人や地域活動家が集まって約半年強、自分たちでチームを組んで探究プロジェクトを創って実施するということをしています。

そんな中で自主勉強会みたいなものを作る先生もいて、LCL1期生の小学校の先生2人が立ち上げた定期的なオンライン読書会に私も時々参加しています。いつもブログにしようと思うくらい面白いのですが、今回、私の気づきもあったので、シェアしようと思います。

当日、みんなで読んだのはスター・サックシュタインの「成績をハックする」。この日は、現役小学校教師2名、元現役小学校教師1名、学校外2名の組み合わせ。一人はオランダに在住しています。

(さらに…)

藤原 さと