home > 2018年03月

 

【インタビュー掲載】

代表藤原さとがプロジェクトアドベンチャージャパン BEING-あり方を探求するメディアにて、インタビューを受けました。

「探究とは何か?」「こたえのない学校の設立経緯」「大事にしていること」などについて話しました。ぜひご覧になってください。

Being-あり方を探求するメディアに藤原さとさんのインタビューを掲載しました。

 

プロジェクトアドベンチャージャパン

http://www.pajapan.com/

 

<法人概要>

◆商 号

一般社団法人 こたえのない学校

代表理事 藤原 さと

◆設立

2014年1月

◆所在地

東京都目黒区 (住所は非公開とさせていただいております)

◆事業概要

(1)子ども向け教育関連プログラムの開発・実施
(2)大人向け(親・教員・教育者)向け各種講演やプログラム開発・実施
(3)各種法人・地方自治体・教育委員会・私立公立学校に対する、プログラム開発・実施
(4)その他教育プログラム開発・調査・コンサルテーション

◆URL

kotaenonai.org

 

◆連絡先

マスコミ関係・取材のお問い合わせは、下記にお願いいたします。

こたえのない学校 事務局

お問い合わせフォームはこちらから

こたえのない学校ロゴ

メディア掲載

 

2015年11月のポラリスこどもキャリアスクール「発明」の単元で、2班が発表した発明の特許出願が公開されました!

子どもたちの発明の結果をぜひご覧になってください。

発明(2班)

プログラム中グループが共同で発明した「物干し装置」の特許出願が公開されました(2018-11734号, 2018 年1月25 日公開)。洗濯物を短時間で乾燥させることが可能な物干し装置です。

 

***********

また、下記2名の参加者が個別に発明を進めました。こちらもご覧ください。

 

個人発明1(プログラム開催後)

小学生の中村匠君が発明した「魚の骨の分離補助具」の特許出願が公開されました(2017-184646号, 2017年10月12日公開)。この発明はハサミのような構造をもち、骨だけを簡単に取り外せます。

The patent application of “Fish Bone Removing Equipment” developed by Mr. Sho NAKAMURA, elementary school student, has been published (No. 2017-184646, on October 12, 2017). The present invention has a scissors like configuration and can easily remove the fish bone.

 

 

個人発明2(プログラム開催後)

小学生の洞口未佳さんが発明した「物干し装置」の特許出願が公開されました(2017-185060号, 2017年10月12日公開)。この発明は、2班の上記の発明に個人でもっと機能を追加したものです。

The patent application of “Laundry Apparatus” developed by Ms. Mika HORAGUCHI, elementary school student, has been published (No. 2017-185060, on October 12, 2017). A laundry portion is rotatable, thereby the clothes can be quickly dried.

 

これらの発明が生まれたプログラムの詳細はこちらからご覧になれます。

 

「きみもエジソン!震災の避難所で生まれた発明とは!?」開催報告

なお今回の特許出願につきましては、こども発明プロジェクトの弁理士の先生方に多大なるご協力をいただきました。ありがとうございました。

こども発明プロジェクト

https://ci-projects.jimdo.com/

 

【現在募集中のプログラム】

医療・科学技術の第一線の専門家と一緒に探究するプログラムです。

【2018年上期】プロフェッショナルと共に探究しよう!ポラリスこどもキャリアスクール7期~医療・科学技術

 

【お問い合わせ】

お問合せはこちらからお願いいたします。

http://kotaenonai.org/contact/

 

 

一般社団法人 こたえのない学校

こたえのない学校

 

プレスリリース・ニュース

 

小学生3・4・5・6年生対象(2018年4月時点)。4月~7月の毎月一回、日曜日午後の3時間、全12時間半。業界の一線で活躍するプロフェッショナルと触れ合いながら子どもたちが社会で活躍するときに必要な“思考と態度”を育む「ポラリスこどもキャリアスクール」第7期を開催します。

第7期のテーマは「医療・科学技術」。大学病院や、研究機関等の一線で働くプロフェッショナルと一緒に、みんなの”今”から将来の「医療」「科学・技術」について想像をめぐらせ、身近なテーマを深く考えていきます。4名前後のチームのみんなと一緒に、ミッションに取り組みプレゼンテーションを行います。今期より、初回に自分の現状を理解し基本的なスキルを学ぶワークショップを実施し、コミュニケーション力とコラボレーション力を高めたうえで、ミッションに取り組んでいきます。

※プログラムのコンセプト・参加者の声・過去講師一覧 ⇒こちらから

(さらに…)

プログラム情報