home > 2014年

こんにちは。藤原さとです。

あっという間に年末ですね。今日、家の大掃除をしました。 娘の学校からもらってきたプリントや課題も色々整理しました。

8月末から約4か月間、どちらかというと娘の英語の対応でアップアップでしたが、改めてもらってきたワークを見ると、なかなかこれは「ロジカルシンキング」を鍛える授業だなぁ、、と思ったので、少しご紹介したいと思います。

(さらに…)

藤原 さと

メルマガ第六号を配信しました。

今後、メルマガ配信ご希望の方は、info@kotaenonai.orgまで「メルマガ配信希望」とご記入の上、お名前と一緒にご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
こたえのない学校メルマガ 2014/12/24
http://kotaenonai.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━
(さらに…)

プレスリリース・ニュース

こんにちは。藤原さとです。

サンクスギビングを使って、少し日本に戻りました。

飛行機の中では、ずっと読みたいと思いつつ、アメリカにくるバタバタで読めていなかった教育哲学者、苫野一徳さんの「教育の力」と共に、ふと思い立って、ずーっと本棚でホコリをかぶっていた、往年のベストセラー!?ロバートキヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」を読み直しました。

そしたら面白いことに、どちらの本も、「教育は、自由を獲得するためのものである」と言っているのです。

そして、自由とは、「生きたいように生きたい」という人間から切っても切り離せない本質的な欲望のことだと。

(さらに…)

藤原 さと

「未来のスポーツはテクノロジーでどう変わる?」を、慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科のKMD Forumで、Reality Media研究室とともに開催しました。

2020年に東京オリンピックが決まり、盛り上がっているスポーツ。未来のスポーツについて熱く議論しました。

まずは自己紹介タイム。今回は初めて大人も一緒に参加。みんなで輪になって和やかに始めました。

IMG_20141122_102014

(さらに…)

プログラム報告

こんにちは。藤原さとです。

福島毅先生の、ブログ「教育のとびら」 (URL) で、先日日本人の強みと弱みについて書かれていたのが面白かったので、本日はそのことについて・・。

先生は日本人の強み・弱みの静的な分析をされたうえで、日本には可能性があるとされていましたので、今回私のほうでは、動的に日本の強みを考えてみました。

(さらに…)

藤原 さと

こんにちは。藤原さとです。

暑い暑いテキサスも朝晩冷え込むようになりました。

でも、昼はやはりTシャツで、まだまだジリジリと日差しが直撃します。

今日は、少し私も苦労している・・というお話です(笑)

アメリカに来て3か月目に入った娘ですが、昨日担任の先生から衝撃のメールが届きました。件名は“Some Issues”(問題があります)

(さらに…)

藤原 さと

メルマガ第五号を配信しました。

今後、メルマガ配信ご希望の方は、info@kotaenonai.orgまで「メルマガ配信希望」とご記入の上、お名前と一緒にご連絡ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
こたえのない学校メルマガ 2014/11/05
http://kotaenonai.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━

(さらに…)

プレスリリース・ニュース

「TEDxプレゼンター、山本恭輔君と一緒にプレゼンで人の心を動かしてみよう!」を開催しました。

山本君は、小さいときにPixarのアニメーション映画を見てCGに魅せられ、医療現場でのデジタル技術に興味を抱きました。中学2年生のときには、株式会社ワタミ主催『第2回夢アワード』ファイナル、TEDxOsaka2012等に出演しました。NHK主催のトークイベント「TED meets NHKスーパープレゼンテーション」では、8人の登壇者のうち、ただ一人スタンディングオベーションを受ける。中学3年生のときには、少年の主張全国大会にて最優秀の内閣総理大臣賞を受賞しました。

子どもたちは山本君と一緒にどんなプレゼンをつくったでしょうか。

IMG_20141026_132200

(さらに…)

プログラム報告

子供って、「みんな○○持ってるから、私にもそれ買って!」とか、「○○ちゃんのお家には、勉強机があるんだよいいな~」とか言いますよね。両親共働きの場合は、「○○ちゃんはウチにすぐ帰れていいな~」とか。もっともっと、色々な制約がある中で過ごしている子もいるでしょう。

そういった、終わりのない子供のリクエストに対して、「ウチはウチ、よそはよそ!」と突き放すことについて、ちょっとためらいがあったりしませんか? なんとなく、論理的な響きを感じないというか・・、説明を放棄しているような感じがするとか。

でも、私、「ウチはウチ、よそはよそ!」で、いいんじゃないかと思っているのです。

(さらに…)

藤原 さと

こちらのプログラムは、11月22日に終了しました。慶應義塾大学メディアデザイン研究科のRealty Media研究科のみなさんと一緒にテクノロジーが創りだす未来のスポーツについて考えました。 プログラムの結果はこちらから

*****************************

2020年に開催される東京オリンピックはもうすぐです!

2020年に東京オリンピックが開催されますが、テクノロジーの進化でスポーツのやり方、楽しみ方が変わっていることをご存じですか。たとえばボールをまっすぐ投げられるようになったり、上手に走られるようになったり。人の五感を感知して運動に繋げる技術も進化していて、新しいスポーツが生まれる可能性もあるとか。スポーツの秋。スポーツとテクノロジーの関係と進化について、親と子どもで考えてみませんか。

(さらに…)

プログラム情報