home > Blog >

 

藤原さとです。

先日、友人のフェイスブックで流れてきた本を読んだことをきっかけに、日本の戦後平和教育について考えたこと、考えてきたことについて少し書きとめておきたいと思います。

 

<満州と祖父―私は何も知らなかった>

読んだ本は「五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後」という日中戦争当時日本が満州国に設立した最高学府「建国大学」の卒業生たちを追ってインタビューをしたドキュメンタリーです。「建国大学」という名前は聞いたことがある人はほとんどいないかもしれませんが、下記のような学校です。本文から抜粋します。

 

(さらに…)

藤原 さと

7月15日(日)、ポラリスこどもキャリアスクール第7期「医療・科学技術」第四回(最終回)を開催しました。

今回のテーマはミクロの世界。ナビゲーターは、東京工業大学理学院物理学系助教の山崎詩郎先生です。
山崎先生曰く、とても小さなミクロ世界を研究することで、私たちが普段見たり触れたりしている世界のことも、もっと大きな宇宙サイズで起こっていることもより深く知ることができるとのこと。
プログラム中お話いただいた、山崎先生が科学者になったきっかけやどういう科学者になりたいかなど含めて、以下ご報告します!

(さらに…)

プログラム報告

 

藤原さとです。

いよいよ夏休みが始まりましたね!せっかくの夏休み、存分に子どもたちが遊べて成長できるといいなぁ、ということで、5冊くらいご紹介したいと思います。

(さらに…)

藤原 さと

6月17日(日)、ポラリスこどもキャリアスクール第7期「医療・科学技術」第三回を開催しました。

今回のテーマは「AI」。ナビゲーターは、「生命」という視点から人工知能について研究している松田雄馬(まつだゆうま)先生です。
松田先生の一番の問いは、「人工知能は人を幸せにするのか?」。
さて、みんなはどう考えるでしょうか。

(松田先生のプロフィールとインタビューは>>こちらから)

(さらに…)

プログラム報告

 

西海岸の学校訪問レポート、前回のMillennium Schoolに続いて次は、サンフランシスコの公立小学校(チャータースクール)についてご紹介します。

この学校もMillennium Schoolと一緒で、設立して2年が終了したところです。他の学校の校舎の一部を使わせてもらって、小さく始めていますが、Great Schools.orgでのレビューは、ベストスコアの5。レビューでの保護者の評価は、これ以上はないほどの賛辞で、非常に人気が高く、抽選でもなかなか入れない学校になっています。この学校が何よりも大事にしているのは、(真正な)探究学習の実践です。

(さらに…)

藤原 さと

 

5月下旬から6月上旬にかけて、アメリカ西海岸の先進校いくつかを訪問してきました。私の目的は、本格的にPBL(Project/Problem Based Learning)を実施している学校がどのようなフレームワークを使い、現場がどのようになっているのかを見ること、またPBLが日本の教育の実装にどのような有効性があるかを見るためでした。主に訪問したのは下記の4校。私学・公立両方(Charter)、小学校から高校までと対象年齢も形態もバラバラの学校です。第一回は、設立してから2年と短いにも関わらず一番強い印象を受けたMillennium Schoolをご紹介したいと思います。

(さらに…)

藤原 さと

5月20日(日)、ポラリスこどもキャリアスクール第7期「医療・科学技術」第二回を開催しました。
(第一回目の様子はこちらから)

今回のテーマは「救急医療」。ナビゲーターは、聖マリアンナ大学医科大学病院の救急外来やICUを担当されている医師である、遠藤拓郎先生です。
(遠藤先生のプロフィールとインタビューは>>こちらから)

(さらに…)

プログラム報告

 

藤原さとです。

「代表的日本人」から始まった仏教への旅ですが、最後に自分に引き戻して考えていきたいと思います。キリスト教と仏教は実は似ているのではないか、という話です。

(さらに…)

藤原 さと

 

藤原さとです。

前回まで、「代表的日本人」→「日蓮」「法華経」「日本の仏教」→「大乗仏教」という流れできましたが、この辺でいよいよ「般若心経」に入りたいと思います。

ここは、「般若心経」「集中講義大乗仏教」ほか多数の仏教に関する著書のある佐々木 閑先生のガイドに従って、自身のメモとして書いていきます。

(さらに…)

藤原 さと

 

藤原さとです。

代表的日本人→日蓮法華経ときた本ブログですが、次は日本でどのように仏教が導入され、広がっていったか、それがどのように日蓮が憂うような状況になっていったのか、メモを続けていきたいと思います。

 

(さらに…)

藤原 さと